根管治療,マイクロエンド,顕微鏡治療,歯内療法なら杉並区荻窪の伊藤デンタルオフィス

お問合せ・ご相談
根管治療
マイクロエンド・顕微鏡治療

歯内療法とは歯の根の中の管(これを根管といいます)に関した治療を呼んでいます。
目で見えないごく細い根管内の治療です。この根管(シンケイの道)は細いだけでなく、彎曲していたり、複雑に枝分かれしていたりもします。また大臼歯などでは、一つの歯に根管が4本、5本と複数有り、その全てに完全な治療を行わなくてはいけません。

歯は、人体の中で一番硬い組織ですが、その中には、歯髄という軟らかい組織が あって、根の先のほうの小さな孔で、あごの骨の中の神経や血管とつながっています。
一般には、歯の神経の治療と言われ、歯を支える土台としての根(根管)の処置なので、根管治療(コンカンチリョウ)という治療法を行います。歯を保存したいという気持ちと、そのための良い方法を探究し続ける努力から生まれたこの『歯内療法(根管治療)』により、みなさんの歯を更に長生きさせることができます。う蝕(むしば)によって破壊された歯であっても根管治療によって保存することで、もとの歯と同じく咬む力に耐え、永く機能することができます。

根管は直経1mm以下と非常に細く、しかも硬くなった部分や、彎曲しているものがあります。根管治療ではこれら根管に対して、小さな器具を完全に通過させ清掃し、形態を整える非常に高度な作業が行われます。
根管の治療が不完全であったり、新たな感染や損傷が起こった場合は、再治療が必要となります。しかし、現在の治療技術を持ってすれば、90%以上の確率で歯を救う事が出来ます。

まず、ムシ歯になった部分を削り取って、歯の神経(歯髄)のあるところまで穴をあけます。 そして、細菌が侵入し変質してしまった歯髄を除去して、神経の通っている穴(歯髄腔)と、それにつながる根の中の管すなわち根管の壁を少し削りながら、全体をきれいに清掃します。

歯髄腔の形や根管の数や形は、歯の状況により皆違います。 しかもこの作業は狭い口の中で、かつ直接みることの難しい歯での細かい作業です。 根管治療は歯科治療の中でも相当な技術を必要とするのです。従来はこの根管を手探りで治療していたため、その精度にはおのずと限界がありました、根管内に細菌が残れば、増殖して痛みが生じたり、膿がたまって腫れたりしてしまうのです。

肉眼では細い根管の中を見ることが出来ない為、根管内に汚れが残ったまま根管治療を終えてしまうことがあります。これが数年後に腫れたり痛くなる原因となります。もし痛くなってしまったら、再び根管治療をやり直す必要があります。しかし、再治療で完治する確率はとても低いといわれています。

また再治療をするためには、まずかぶせ物を壊し、さらにその中のポスト(金属の土台)を削り取らなければなりません。このとき歯を大きく削り過ぎると、歯の寿命が著しく短くなります。この悪循環が、歯の寿命を低くする原因だと考えています。この様な事態を招かないよう根管治療では、痛みや、歯肉の腫れ、歯の外観を注意深く観察し、さらにX線写真、CTによる診査、感染の状態を知る為の診査など、必要と思われる事柄を全て調べます。

その結果をもとに病状の原因となる歯の根の中心を通る細い管“根管”の処置を行います。

この様に、歯内療法は高度の技術を伴う治療です。そこで米国などには歯内療法を専門で行う専門医がいるのです。またそのような歯内療法専門医のもとでは、手術用実体顕微鏡が広く使用されています。

これまで手探りで行われていた歯内療法が、目で確認しながら治療されるようになってきているのです(Microenndodontics) こうした顕微鏡の使用による歯内療法の進歩にはめざましいものがありますが、日本での顕微鏡普及率はわずか数%にすぎません。

当院では顕微鏡を用いた精度の高い、時間をかけた丁寧な治療により、神経の中の汚れを徹底的に取り除くことで予後のよい治療経過が得られるように治療しております。

当院では、まずCT撮影による画像分析をすることによって、術前の診査を行います。その後、マイクロスコープを使用した根管治療(マイクロ・エンド治療)で、ラバーダム防湿を行ったうえで特殊な器具で細い根管の汚れをかき出してきれいにします。従来の治療法に比べて一回の治療時間は長くなりますが、より確実な結果を得ることが出来ます。

根管治療は歯科治療の基礎であり、大切な治療、つまりビルの基礎工事のようなものです。

肉眼の限界

マイクロエンド・顕微鏡治療アメリカの歯科事情では1998年に根管治療の専門医はマイクロスコープを使うことが義務付けられました。

しかしながら日本ではマイクロスコープを使っている歯科医院はあまりないのが現状です。2002年開業当初は日本の歯科医院の約1%未満の導入率でしたが、ここ数年急速に普及し始めていますが、現在は2%から3%ぐらいの普及率と言われています。

また、マイクロスコープは、購入したらすぐ上手に使いこなすことが出来るというものではありません。使いこなすのには時間がかかります。従来の治療器具を用いると術者の手が邪魔をしたり器具そのものが邪魔をしたりします。当院ではトレーニングを受けた歯科医師がマイクロスコープの専用器具を用いて複雑な神経の中の汚れや、肉眼ではみつけることのできなかった神経管を見つけるなどの治療をおこなっております。

マイクロスコープを使うと肉眼の2倍から24倍に拡大して診ることが出来るため、より正確でより精密に、そして安全に治療を行うことが出来ます。

また、マイクロスコープを使用した根管治療などは保険適用外の治療となりますが、その分、確かな治療ができることは言うまでもありません。何度も、再治療になってしまうよりは、何度も通院せず一度で確実に治せた方がトータルコストで考えるとお安く済む場合も当然出てきます。

マイクロスコープによる精密な根管治療

マイクロスコープ下で行う治療の特徴

マイクロエンド・顕微鏡治療肉眼の限界を超えて見えなかったものが見えるようになり、取り除ききれなかったものが取れるようになり、結果として治らなかったものが治せるようになる治療です。

通常の拡大鏡では光源が必要なために影ができてしまうという問題がありましたが、マイクロスコープにはもともと光源が付いているので見たいところに光が届き、はっきりと目視しながら治療を行えるようになりました。

治療対象はすべてに使うことが理想的です。詰め物をする場合には作りものと歯の境目に隙間がないか確認できるので、治療後の2次感染を防げます。

歯周病においても歯周ポケットの中まで目で見て歯石を取り除けるので、質の高い治療が提供できます。外科的な高度治療にも有効で、すべての治療において精度の高い治療が可能になります。


特に根管治療に力を発揮する

マイクロエンド・顕微鏡治療歯の根の治療である根管治療は、虫歯が進行して神経管にまで細菌感染が広がってしまった場合に、感染した部分を取り除く治療です。

歯の根の中は狭くて暗いために肉眼では見えず、ドクターの手の感覚だけで治療が行われてきました。これは掃除機を持っていても部屋の中が暗ければどこを掃除すればいいのかがわからないのと同じ。

目で見て感染部分をすべて取り除かなければ治療したことにはならず、再発を防ぐことはできません。この状態を放置すれば、顎の骨が溶ける、骨髄炎になるなどの症状が出てしまうこともあります。

マイクロスコープを使うことで根の先から出ている膿や出血が、心拍に合わせてどくどくと沸き上がっている所まで目視できます。根の治療は土木工事に例えると基礎を作る工事に匹敵します。基礎ができていないと上に何を建てても崩れてしまいます。最も大事な基礎治療にマイクロスコープは欠かせません。


治療器具は専用のものを使用

マイクロエンド・顕微鏡治療通常の器具を使うと手元が視界に入ってしまい、影ができて視野が確保できなくなってしまいます。

またマイクロスコープは固定されているため術者は自由に動き回れず、同じ姿勢を保ちながら手先だけを動かさなければなりません。

このためマイクロスコープ専用の治療器具は柄が長くできていて、その分作業距離を長く保てるようになっています。専用の器具はさまざまなメーカーから出されているものの中から選び抜いたものを使用しています。

世界各国の学会に参加して最新情報を収集し、いろいろ取り寄せては試すことを繰り返し、常により良いものを求め続けています。


マイクロスコープを使うことが条件となる治療

マイクロエンド・顕微鏡治療MTAという特殊な薬を使った治療が可能になります。根の先から膿が出て感染がひどい場合には通常の薬では殺菌しきれません。

MTAは高アルカリ性で殺菌効力が高く、2次感染を防ぐことができます。さらに根管は顎の骨と繋がっているため完全に乾燥させることが難しい状態にありますが、水で固まる性質から封鎖性が非常に高く、根管に穴があいている場合にも有効です。

毒性がないので体にも優しい薬です。このように非常に質の良い薬ですが、小さな器具を使用するためにマイクロスコープを用いなければこの薬を使った治療を行えません。


マイクロスコープを使用する際に重要視している点

マイクロエンド・顕微鏡治療根管治療を行う際、明るく見える環境で感染した部分を取り除くだけでは不十分で、口の中の衛生環境を保たないと再感染・再発を防げません。

そのため治療の際には必ずラバーダム防湿を行います。これはラバーダムというゴムのシートを用いて治療部位のみが見えるようにすることで、唾液に含まれる細菌を徹底的に排除するものです。

治療中に根管に細菌が二度と入らないようにした上で、神経管を封鎖することで初めて根管治療の意味があります。マイクロスコープとラバーダム防湿はセットで行うことが不可欠と言えます。

根尖病変に対するアプローチ

根管内部が感染・腐敗を起こすと、根尖病変(根尖病巣)やフィステル(歯茎の中の膿が出てくる穴)が形成されることがあります。
根尖病変やフィステルは、適確な根管治療を行うことで、そのほとんどのケースで治療、改善させることができます。

根尖病変に対するアプローチ 根尖病変に対するアプローチ


杉並区 インプラント,クリニック情報
東京都杉並区天沼3-3-3 渋澤荻窪ビルディング2F