杉並区荻窪でインプラントなら、荻窪駅前の伊藤デンタルオフィス インプラントセンター

0120-469-117 しろくていいな

歯周病治療

歯周病の治療に関して

歯周病は、一般的には歯槽膿漏と言われているもので、20才を越えれば8割以上の人が罹患していると言われています。ただ8割といっても、それは極初期の段階から重度の段階までのトータルで、そのほとんどの人は通常のスケーリング(歯石取り)やブラッシングで十分に対応できます。

ただ、歯周病は虫歯と違ってかなり進行した状態(中等度以上)でないと自覚症状が現れません。よって、自覚症状が現れたときにはすでに手遅れということが残念ながら多いのです。

そうならないように症状がなくても検診がてら受診することをお勧めします。当院では歯周病菌検査も行っております。

病因論

虫歯とは虫歯菌が出す酸によって歯が溶ける(脱灰)ことをいい、歯周病は歯周病菌が出す毒素によって炎症(歯肉炎)が起こり、更に進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)がとけて歯を支えることができなくなり、グラグラし、しいては抜けるという結果になることをいいます。歯周病は、歯自体は悪くないので歯を削るということはしません。

ただ、歯(歯根)に付着した歯垢(プラーク)や歯石を取り除かずにいると、悪化の一途をたどります。ですから、歯垢を骨が吸収し、根の奥につく前にきれいに掃除することによって、歯周病の進行をとめることが可能になります。
歯周病は次のように進行します。

歯は顎の骨(歯槽骨)に歯根膜という線維でくっついており、その表面を歯肉がおおっています。歯肉も歯と線維でくっついていますが、その付着(歯と歯肉の)が壊れたところが、歯周病への入り口になります。歯周病は虫歯と違って生体の免疫との戦いです。進入してくる歯周病菌に対し、生体はまず好中球と呼ばれる白血球が歯周病菌をやっつけます。この時点で細菌を撃退できれば、歯肉炎程度で解決されます。

ただ、やっつけられなければ、次にマクロファージという大食細胞がやっつけようとします。この細胞の中のランゲルハンス細胞は歯周病菌の情報をリンパ球という細胞に伝え、リンパ球が更に歯周病菌をやっつけようとします。しかしマクロファージやリンパ球は自分が不利だと判断したときには、「サイトカイン」や「炎症性メディエーター」といわれる物質を放出し、この物質により破骨細胞という細胞が骨(歯槽骨)を溶かすのです。

ですから、骨吸収は歯周病菌の出す毒素が直接起こすものではなく、生体の反応として起こるので、そこには感受性の違いから個人差も出てくるのです。ですから、全然歯を磨いていないのに歯周病にならない人や、比較的磨けているのに歯周病になってしまう人がいるのです。

また、細菌の種類によっても、その毒性が異なるので反応も変わってきます。当院ではどの歯周病菌がいるのかをリアルPCR法という方法で調べ、悪性度の高い歯周病菌に罹患していることがわかった時点で、その細菌に対し特定的に効く薬を投薬し、細菌を直接たたく治療も平行して行っております。